登録販売者ガイド - 合格率や求人・就職状況とは?

 

あなたは、いま話題の登録販売者という職業を知っていますか?2009年6月に施行が開始された新しい資格になります。まだ施行が開始されて間もないですが、薬剤師とともに求人が増えつつある職業だと言われていますよ。また、この資格医薬品や健康に関する知識を身につけることが可能なので、仕事としても普段の生活においても様々なメリット得られることで注目を集めています。

 

そんな魅力的な資格ですが、まだまだ知名度が低く知らない方が多いのが現状ですよね。そこで、こちらではその登録販売者について、試験内容やその勉強方法、就業状況等についてご紹介しています。似たような仕事として薬種商や薬剤師がありますが、薬剤師になりたくてもなれなかった方、薬に少しでも興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

 

さて、そもそも登録販売者とはどういった職業なのでしょうか。今までドラッグストアや薬局等で売られている医薬品は、薬事法に基づいて薬剤師または薬種商の方のみ売買が許可されていました。言い換えると、薬剤師の試験に合格すること、または開業プランが無ければ受験資格が与えられないという薬種商のみが薬を取り扱っていました。

 

それが、2006年に薬事法が改正されたことによって、2009年に登録販売者が新しく施行されたんですね。それにより、今まで3年以上の実務経験や国家試験合格が必須だったものが、1年の実務経験があれば、年齢や性別を問わず誰でも受験できるものに変わったんです。という事は、どなたでも目指せる身近な職業になったというわけです。

 

ですが、誰でも取得可能になったとは言っても、取り扱う薬に関しては以前と同じです。また、医療の進歩によって新薬の開発が進んでいるのが現状なので、試験内容も簡単ではなく、取得後のスキルアップも必要になってきます。よって、登録販売者の試験に受かるためには、それなりに勉強をしなくてはいけません。

 

そこで、こちらではテキストを使った効果的な勉強法についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。専門的な学校に通ったり、講座を受講する方もいると思いますが、ほとんどの方はテキスト等を使って働きながら独学で勉強すると思います。そんな方が効率的に学習できるように、そろえておきたい参考書や問題集等のテキスト、通信講座、インターネット講座についてご紹介していますよ。

 

とは言っても、テキストはあくまでも参考程度に考えて下さいね。テキストを実際に手にとって自分の目で確認して、使いやすさ等を確認してから購入することをお勧めします。これから色々なテキストが続々と出版されてくるので、様々な出版元から出ているテキストを比較してみて、ご自分が学習しやすいテキストを選ぶようにして下さいね。その方が、学習効率も上がりますからね。

 

ところで、晴れて登録販売者の資格を取得したら、気になるのはその後の求人や就業先ですよね。現在は不景気な世の中なので、求人情報については特に不安に感じると思います。ですが、その辺については安心して下さいね。現在はまだドラッグストアや薬局等一部でしか薬等の取扱いが無い状態ですが、これからはコンビニエンスストアやスーパー、接骨院や整骨院、エステティックサロン等での取扱いが見込まれています。

 

なので、登録販売者が活躍する場所が増えてくることになるので、自然と求人が増えることが予想されています。というわけで、いま一番注目されている職業なんですね。テレビで多く取り上げられているのも納得できると思います。あなたもそんな仕事を目指してみませんか?それではごゆっくりご覧下さいませ…