登録販売者ガイド - 合格率や求人・就職状況とは?

 

あなたは、いま話題の登録販売者という職業を知っていますか?2009年6月に施行が開始された新しい資格になります。まだ施行が開始されて間もないですが、薬剤師とともに求人が増えつつある職業だと言われていますよ。また、この資格医薬品や健康に関する知識を身につけることが可能なので、仕事としても普段の生活においても様々なメリット得られることで注目を集めています。

 

そんな魅力的な資格ですが、まだまだ知名度が低く知らない方が多いのが現状ですよね。そこで、こちらではその登録販売者について、試験内容やその勉強方法、就業状況等についてご紹介しています。似たような仕事として薬種商や薬剤師がありますが、薬剤師になりたくてもなれなかった方、薬に少しでも興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

 

さて、そもそも登録販売者とはどういった職業なのでしょうか。今までドラッグストアや薬局等で売られている医薬品は、薬事法に基づいて薬剤師または薬種商の方のみ売買が許可されていました。言い換えると、薬剤師の試験に合格すること、または開業プランが無ければ受験資格が与えられないという薬種商のみが薬を取り扱っていました。

 

それが、2006年に薬事法が改正されたことによって、2009年に登録販売者が新しく施行されたんですね。それにより、今まで3年以上の実務経験や国家試験合格が必須だったものが、1年の実務経験があれば、年齢や性別を問わず誰でも受験できるものに変わったんです。という事は、どなたでも目指せる身近な職業になったというわけです。

 

ですが、誰でも取得可能になったとは言っても、取り扱う薬に関しては以前と同じです。また、医療の進歩によって新薬の開発が進んでいるのが現状なので、試験内容も簡単ではなく、取得後のスキルアップも必要になってきます。よって、登録販売者の試験に受かるためには、それなりに勉強をしなくてはいけません。

 

そこで、こちらではテキストを使った効果的な勉強法についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。専門的な学校に通ったり、講座を受講する方もいると思いますが、ほとんどの方はテキスト等を使って働きながら独学で勉強すると思います。そんな方が効率的に学習できるように、そろえておきたい参考書や問題集等のテキスト、通信講座、インターネット講座についてご紹介していますよ。

 

とは言っても、テキストはあくまでも参考程度に考えて下さいね。テキストを実際に手にとって自分の目で確認して、使いやすさ等を確認してから購入することをお勧めします。これから色々なテキストが続々と出版されてくるので、様々な出版元から出ているテキストを比較してみて、ご自分が学習しやすいテキストを選ぶようにして下さいね。その方が、学習効率も上がりますからね。

 

ところで、晴れて登録販売者の資格を取得したら、気になるのはその後の求人や就業先ですよね。現在は不景気な世の中なので、求人情報については特に不安に感じると思います。ですが、その辺については安心して下さいね。現在はまだドラッグストアや薬局等一部でしか薬等の取扱いが無い状態ですが、これからはコンビニエンスストアやスーパー、接骨院や整骨院、エステティックサロン等での取扱いが見込まれています。

 

なので、登録販売者が活躍する場所が増えてくることになるので、自然と求人が増えることが予想されています。というわけで、いま一番注目されている職業なんですね。テレビで多く取り上げられているのも納得できると思います。あなたもそんな仕事を目指してみませんか?それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

派遣会社で働いてみませんか?

 

自分が登録する会社にアデコを選ぼうとするとき他の人の評判を聞きたくなるというのが人情だと思います。

ネット上にはそれぞれの会社について情報がたくさんあります。

高評価の一方で最悪の評価も見られたりします。

経験談として語られるお話には役立てたいことも多々ありますがその中でも信憑性の高いものを選出していかなくてはいけません。

どんな話もまるまる鵜呑みにするのではなくどちらの話も自分の知識として蓄え真実を判断するときに使うのです。

同じことを体験したとしても受ける印象は人によって異なります。

まずは自分で行動してみないことには何も始まりません。

履歴書は自己アピールのために重要なアイテムのひとつです。

派遣として働いた経歴についてはどう記せば伝わりやすいのでしょうか。

通常はまず登録会社、それから実際就業した企業名を順に記述します。

ところどころ区切りに期間満了、登録終了などと書くとより見やすいでしょう。

数が多く煩雑な印象になりそうなら期間が長かったものや最もアピールしたいものを選出するというのもひとつの手法かと思います。

経験の豊富さをアピールポイントとして使いたくなる場合もありますがしっかり読もうと思えば思うほどに大変な作業と化してしまいます。

読む人のことを考えながら記入したいところです。

派遣会社に関する人気ランキングは数あれど何を中心に考えるかで順位の変動が見られます。

例えば友人に勧めたいというクチコミで上位なのが大手のため基本がきちんとしていると評判のリクルートスタッフィングなど。

ずっとスタッフとして登録していたい会社にはテンプスタッフやアデコなどが選ばれていました。

また実際紹介されて就業した仕事の満足度ではサポートに定評があるアデコなどの名前がありました。

しかしどれも良い評判もあれば悪い評判もあるので結局は情報から自分で判断する必要があります。

派遣社員が直接雇用関係にあるのはいわゆる登録会社であってそこからそれぞれの企業に割り当てられていきます。

企業が求める労働力を登録会社がかわりに確保し仕事に見合った労働者を選出し送り出すわけです。

この流れに忠実にいくと企業は人材を直接選べません。

その企業に就業すると決まってからの顔合わせなどは準備の範囲内で行うことも法的に許されているようですが就業が決まってないのに企業が面接をするのはしてはいけない行為です。

曖昧にされがちなそういった部分でもきちんとしてくれる会社や企業で働けるのが一番ですよね。

派遣社員というと待遇面を不安に思う人も多いかもしれませんが有給休暇をとることも条件さえ満たせば可能です。

労基法に定められた一般的な休暇以外にも少し多めにお休みがあるところもあるらしいので契約内容などよく調べてみると良いかもしれません。

これは労働者において定められている権利ではありますが取得するためには担当者との相談や許可が必要になってくるので日程には余裕を見て申し出るようにしましょう。

もちろん就業先では仕事の割り振りなどありますからそれによって希望日を変更する場合もあるかもしれません。

実際に登録してはいけない会社というのはあるのでしょうか。

第一によく挙げられているのはファーストコンタクトの場である登録会の心証が悪い会社です。

実際働くとなればコーディネーターや営業の人とがっつり関わる必要があります。

人間的に信頼するのが難しければ仕事をするにしてもいちいち不安でしょうし就業先でトラブルが起きてもきちんと解決してくれるか心配になってしまいます。

人で成り立っていることをちゃんと理解している会社ならばどんな場面でも人に気を配る行動が身につけられるものだと思います。

そんな会社と出会えたら最高ですよね。

実際に働くとなると充実した福利厚生を派遣社員でも受けられるのか不安になるかもしれません。

特に雇用期間があらかじめ決められた中での就業なので働き方の不安定さがデメリットとしてよく挙げられます。

このことが一因となって待遇面でも消極的な想像をしてしまう人もおられるのでしょう。

実際は健康保険や厚生年金、雇用保険などは法律で保障されており条件を満たせば適切に加入する必要があるものなのです。

一般的には人材会社での社会保険加入となります。

しっかり働き続けるためにも登録の際確認しておくと良いでしょう。

スタッフとして登録する会社を選択する際にどこなら良いのかということはたいへん重要な点でのちの労働環境のカギを握る部分です。

ぜひとも良い会社の選び方を知りたいですよね。

後で失敗したと悔やまないためにまずしておきたいのは自分の意見をブラッシュアップしておくことです。

労働条件などに関して妥協できない点や自身の強みをクリアにしておきそれからそれぞれの会社との相性を調べてみましょう。

また気になる会社が複数あるならどんどん登録すればいっそう条件の良い案件に出会えるかもしれませんよ。

気になることの情報収集に2chを活用するという方も多いかもしれません。

匿名のためか丸裸の経験談や意見が溢れているので初めて知ることもきっとあるでしょう。

もしかしたらすべてが真実ではないかもしれませんがそこは自身で判断しながら頭に入れたいところです。

派遣会社についてのスレッドをのぞいてみますと常時率直な意見や情報を募っているようです。

参考:派遣登録の仕方って?登録の流れは?【単発・複数登録OK】

しかしややもすると悪い話ばかりが集まりやすい場所でもあります。

良い情報を明らかにすることはむざむざ競争率を上げる行為に他なりません。

飽くまで知識程度にとどめておくと良いでしょう。

一口に派遣会社と言っても例えば事務職に強かったり大企業のお仕事が多かったりと得意分野というものがそれぞれ存在しているようです。

各会社の情報を比較しつつおすすめのところを教えてくれるサイトもありどの会社に登録するか選ぶときにも参考にできるかと思います。

案件数の多さやきちんとサポートしてもらえるか、実際登録して働いているスタッフの満足度など選択するために入手しておきたい情報は数多くあります。

何にしてもまず最初に自分の条件を明らかにしておくことが最終的な満足につながるでしょう。

仕事を見つけるためにネットを利用するという人は多いことでしょう。

今はさらにスマホもみんなが持つようになったので最新の求人情報探しも難なくすることができます。

仕事の合間にも欲しい情報をさくっと調べることができるので少しの時間も無駄なく使っているという方もおられるでしょう。

良い仕事と出会うためには登録会社の担当者と信頼関係を築いておくことも必要です。

自身の希望もはっきりと伝えながら働きたい旨を真剣に訴えていれば信頼して良い仕事を紹介してくれるかもしれません。

派遣会社のクチコミや評判をまとめたサイトを見て回ると、安定した大企業ということで人気のリクルートスタッフィングに充実のサポート体制と豊富な実績で選ばれているアデコ、細やかなサポートでスタッフの満足度が高いテンプスタッフなどがランキング等でよく見られました。

実際に登録をするという際は豊富な求人数だけでなく仕事に至るまでの流れの円滑さや仕事環境を整える努力についても調べておくと良いと思います。

サポートとしてスキルアップできたりトラブルの相談ができるところは安心して働けると人気のようです。

人材登録会社のアデコはわりと有名ですね。

さまざまなランキングでその名前を見かけることがあります。

紹介された仕事の満足度が比較的高く就業を継続したいと考える人も多いとのこと。

また一口に登録会社とはいっても各々強みやタイプがわかれているようです。

日本全国に支店を持つような大手であれば待遇や福利厚生に定評があり仕事数も多いという利点があります。

大手の子会社として作られたタイプの会社なら関連会社への就業がほとんどなので狙いが定めやすいでしょう。

派遣社員は収入が低いというイメージがあることもあり副業について真剣に考える人も少なくないようです。

雇用契約書などに可能かどうかは明記しているようですが、一般的に自分に時間を使いやすい働き方のはずなので何かを始めてみるのもステップアップの一助となるかもしれません。

アフィリエイトなどという言葉も最近では耳馴れてきました。

実際他で稼ぐとなると注意したいのが確定申告です。

本業ではないところでの収入が一定額を超えると必要となります。

すると本業の会社でもチェックが入るはずなので契約違反にならないようにきちんと調べておきましょう。

とある相談所によると特に職場いじめについて非正規社員からの相談がかなり多いそうです。

場所によっては非正規社員が物を言いにくい雰囲気というものがあり仕事のストレスを限界を超えるまでためこんでしまうようなことも多くあるとのことです。

また不安定な雇用形態はそれだけで精神的に苦しいものがあります。

職を失う恐怖がつきまとうのは仕方のないことですが自分の体は替えがきくものではありません。

信頼できる友人や家族に話したりもしくは専門の相談窓口を利用したりしてみてはいかがでしょうか。