登録販売者ガイド - 合格率や求人・就職状況とは?TOP > 試験と合格率ついて > 試験内容についてA

試験内容についてA

 

あなたは、登録販売者の試験内容についてご存知ですか?

 

今回も引き続き、登録販売者の試験内容というタイトルで、試験の出題範囲をご紹介していきますね。

第三章からのご紹介になりますが、第三章は非常に広範囲です。

 

第三章、主な医薬品とその作用からは以下のようになっています。

 

1.精神神経に作用する薬
2.呼吸器官に作用する薬
3.胃腸に作用する薬
4.心臓などの機関や血液に作用する薬
5.排泄にかかわる部位に作用する薬
6.婦人薬
7.アレルギー用薬(鼻炎用内服液を含む)
8.鼻に用いる薬
9.眼科用薬
10.皮膚に用いる薬
11.歯や口中に用いる薬
12.禁煙補助剤
13.滋養強壮保健薬
14.漢方処方精剤・生薬製剤
15.公衆衛生用薬
16.一般用検査薬

 

第四章、薬事関係法規・制度からは、以下のようになっています。

 

1.医薬品の販売業の許可
2.医薬品の取り扱い
3.医薬品販売に関する法令遵守

 

第五章、医薬品の適正使用・安全対策からは、以下のようになっています。

 

1.医薬品の適正使用情報
2.医薬品の安全対策
3.医薬品の副作用等による健康被害の救済
4.一般用医薬品に関する主な安全対策
5.医薬品の適正使用のための啓発活動

 

以上になりますが、いかがでしょうか。

 

ちなみに、合格ラインは全体の70%なんですが、各章それぞれが70%を越えていなくてはいけません。

 

なので、たとえ一章でも70%を下回ると不合格になるので、各章ともに均等に勉強して、きちんと知識を身につけることが必要になりますね。

 

とても厳しい合格基準ですが、登録販売者の仕事はそれだけ重要だということですね。

 

試験と合格率ついて記事一覧

試験内容について@

あなたは、実際に登録販売者の試験を受けるとなったら、試験内容が気になりませんか?前回は、登録販売者の試験までの流れをご説明しましたが、今回はいよいよ試験の内容について触れて...

試験内容についてA

あなたは、登録販売者の試験内容についてご存知ですか?今回も引き続き、登録販売者の試験内容というタイトルで、試験の出題範囲をご紹介していきますね。第三章からのご紹介に...

試験までの流れについて

あなたは、登録販売者の試験までの流れをご存知ですか?登録販売者の受験資格に必要な実務経験は、別の記事でご紹介したとおりなので、だいたいお分かりいただけたと思います。...

合格率について

とても厳しい合格基準だと言われていますが、一体何人の人達が登録販売者試験に受かっていると思いますか?登録販売者になるための試験は決して簡単ではありません。そして、前...

合格率の落差について

あなたは、試験合格率の落差についてどのように思いますか?登録販売者の試験は都道府県ごとに異なっているので、前回もご紹介したとおり合格率も各都道府県で、かなりの落差が生じてい...

不正受験とは?

あなたは、登録販売者試験の不正受験って聞いた事はないですか?いつの時代においても、またどんな試験においても、不正受験はあるものですよね。それぞれにその方法も色々です...